イレギュラーな取引条件にシステムが対応していない

食品製造現場で、こんなトラブルはありませんか?

  • 生産計画の変更が多く
    余計な作業が何度も発生する
  • 例外的な処理をしようとすると
    手作業での入力を強いられる
  • ちょっとした登録変更でも
    煩雑な作業を求められる

食品の生産計画に関するお悩みは、京翔の食品システムが解決いたします!

  • 緊急発注にも迅速に対応!
    必要な工程をひと目で確認
  • 柔軟なシステム設計で
    さまざまな取引条件に対応
  • データを一元管理して
    1つの操作で関連箇所を一括更新

緊急発注にも迅速に対応!必要な工程をひと目で確認

出荷データと製品在庫をデータ連動させることで、生産計画の調整を柔軟かつ迅速に行えるようになります。
当日受注に伴う追加製造指示(飛び込み)受注の対応段取りもスムーズに。
また、生産の状況がリアルタイムに誰にでも、先まで目で見て把握できるようになるため、計画立案の精度がアップします。

柔軟なシステム設計で、さまざまな取引条件に対応

仕入先ごとに異なる原料規格書や商品カルテのフォーマットにも簡単な登録作業で対応可能。
日々の手入力による転記作業などを圧縮し、効率化・ミスの軽減を図ります。
追加発注などの緊急的なオーダーに対してもリアルタイムで情報とモノを連動させるため、目視による確認や手動でのデータ修正なども不要です。

データを一元管理して1つの操作で関連箇所を一括更新

製品中心の商品管理から、原料・半製品中心の商品管理へ移行することで、効率的なレシピ・製造管理が可能となります。
原材料やレシピの共通箇所にもとづいて類似製品の情報を検索したり、一括編集することもできます。
製品のレシピをツリー構造で管理するため、共通品の変更が及ぼす影響も一目で把握できます。