システム導入したものの、操作が複雑なため十分活用されていない

食品製造現場で、こんなトラブルはありませんか?

  • 分かりづらい入力画面で
    一部の人しか操作できない
  • 部署間のデータ連携の際に
    余計な入力作業を強いられる
  • システムを導入した割には
    手作業での事務作業が多い

システム運用に関するお悩みは、京翔の食品システムが解決いたします!

  • Excelでの入出力ができ
    操作に不慣れな方でも安心
  • コード・管理項目を統一し
    業務効率の改善!
  • 開発から管理会計まで
    徹底したシステム化で効率アップ

Excelでの入出力ができ、操作に不慣れな方でも安心

仕入先ごとに異なる原料規格書でも、Excelフォーマットであれば、仕入先ごとに簡単な初期設定を行うだけで提供されたファイルを基に自動的に取込が可能です。
各管理画面はExcelに慣れ親しんだ方にも分かりやすい画面設計がなされています。
商品カルテのExcel出力も簡単に行えるため、現状のExcelベースの業務から抵抗感なく新システムへの移行が可能です。

コード・管理項目を統一し、業務効率の改善!

部門ごとに異なる管理コードを統一し、一元的に管理することで余計なコードの照合・転記作業を軽減します。
業務の効率化を図るとともに、転記漏れ・誤記入といったヒューマンエラーを最小限に抑えます。
また旧来のコードを存続させつつ、新コードに移行するといったニーズにも配慮いたしますので、混乱なく新システムを利用することが可能です。

開発から管理会計まで、徹底したシステム化で効率アップ

1つのデータベースからあらゆる製造現場の業務にリンクします。
直接打ち込みによる帳票や原材料表示の転記作業や、目視による在庫確認や消費期限チェック、製造日報の手動集計など、業務のボトルネックを改善します。
徹底したコストダウンを図るとともに、転記漏れや誤出荷といったヒューマンエラーを事前に防ぎます。