部署ごとに異なるシステムを導入しており、連携が不十分

食品製造現場で、こんなトラブルはありませんか?

  • 開発レシピと生産レシピがバラバラで
    管理が行き届いていない
  • 工場ごと・部署ごと・商品ごとで
    コードや管理項目がバラバラ
  • 出荷と入荷が別管理のため
    残が把握できていない

データの連携管理に関するお悩みは、京翔の食品システムが解決いたします!

  • レシピを企業全体で一元管理!
    開発生産販売一体型システム
  • コード・管理項目を統一し
    業務効率の改善!
  • 出荷データと入荷データの連動で
    綿密な生産計画の調整

レシピを企業全体で一元管理! 開発生産販売一体型システム

レシピ情報をシステムで一元管理し、部門ごとの資材・原材料コードを統一することで、製造への連絡や通知、情報の共有化を推進。
商品開発から量産立ち上げまでのリードタイムを短縮することで、ライフサイクルコストを低減します。
多品種少量生産に対応した「開発生産販売一体化」システムで業務を大幅改善いたします。

コード・管理項目を統一し、業務効率の改善!

部門ごとに異なる管理コードを統一し、一元的に管理することで余計なコードの照合・転記作業を軽減します。
業務の効率化を図るとともに、転記漏れ・誤記入といったヒューマンエラーを最小限に抑えます。
また旧来のコードを存続させつつ、新コードに移行するといったニーズにも配慮いたしますので、混乱なく新システムを利用することが可能です。

出荷データと入荷データの連動で綿密な生産計画の調整

出荷データと製品在庫をデータ連動させることで、生産計画の調整を柔軟かつ迅速に行えるようになります。
当日受注に伴う追加製造指示(飛び込み)受注の対応の段取りもスムーズに。
また、生産の状況がリアルタイムに誰にでも、先まで目で見て把握できるようになるため、計画立案の精度がアップします。