使い慣れたシステムをベースに、部分的に機能を追加したい

食品製造現場で、こんなトラブルはありませんか?

  • なるべく費用を掛けずに
    現状のシステムを改善したい
  • 法規制の変更などに
    システムが対応していない
  • 現在の運用会社のサポートが悪く
    他社に保守を任せたい

食品の生産計画に関するお悩みは、京翔の食品システムが解決いたします!

  • 現状を把握し、必要箇所から
    段階的にシステム移行
  • 食品表示法などの改正に迅速に
    対応できる柔軟なシステム改修
  • 現行システムを温存しつつ
    しっかりメンテナンス・改善!

現状を把握し、必要箇所から段階的にシステム移行

製品中心の商品管理から、原料・半製品中心の商品管理へ移行することで、効率的なレシピ・製造管理が可能となります。
原材料やレシピの共通箇所にもとづいて類似製品の情報を検索したり、一括編集することもできます。
製品のレシピをツリー構造で管理するため、共通品の変更が及ぼす影響も一目で把握できます。

食品表示法などの改正に迅速に対応できる柔軟なシステム改修

1つのデータベースからあらゆる製造現場の業務にリンクします。
直接打ち込みによる帳票や原材料表示の転記作業や、目視による在庫確認や消費期限チェック、製造日報の手動集計など、業務のボトルネックを改善します。
徹底したコストダウンを図るとともに、転記漏れや誤出荷といったヒューマンエラーを事前に防ぎます。

現行システムを温存しつつしっかりメンテナンス・改善!

仕入先ごとに異なる原料規格書でも、Excelフォーマットであれば、仕入先ごとに簡単な初期設定を行うだけで提供されたファイルを基に自動的に取込が可能です。
各管理画面はExcelに慣れ親しんだ方にも分かりやすい画面設計がなされています。
商品カルテのExcel出力も簡単に行えるため、現状のExcelベースの業務から抵抗感なく新システムへの移行が可能です。