製造指示をもっとスムーズに出せるようにしたい

食品製造現場で、こんなトラブルはありませんか?

  • 生産計画の変更が多く
    余計な作業が何度も発生する
  • 人手による生産計画のため
    製造指示作成に時間が掛かる
  • 生産品目が多岐にわたり
    製造指示が混乱している

食品の製造指示に関するお悩みは、京翔の食品システムが解決いたします!

  • 緊急発注にも迅速に対応!
    必要な工程をひと目で確認
  • 生産計画を自動化することで
    計画立案業務の省力化
  • レシピを企業全体で一元管理!
    開発生産販売一体型システム

緊急発注にも迅速に対応!必要な工程をひと目で確認

出荷データと製品在庫をデータ連動させることで、生産計画の調整を柔軟かつ迅速に行えるようになります。
当日受注に伴う追加製造指示(飛び込み)受注の対応段取りもスムーズに。
また、生産の状況がリアルタイムに誰にでも、先まで目で見て把握できるようになるため、計画立案の精度がアップします。

生産計画を自動化することで、計画立案業務の省力化

中間品の管理を行うことにより、製造指示や在庫管理を可能になるなど、手作業では時間がかかる作業を自動化。
納期の近いもの順に、納期、納品量だけでなく、必要な使用量や資材まで一目把握することができるうえ、
工程別、機械別、作業者別に作業内容と時間を割り当て、作業の進捗管理を行います。

レシピを企業全体で一元管理! 開発生産販売一体型システム

レシピ情報をシステムで一元管理し、部門ごとの資材・原材料コードを統一することで、製造への連絡や通知、情報の共有化を推進。
商品開発から量産立ち上げまでのリードタイムを短縮することで、ライフサイクルコストを低減します。
多品種少量生産に対応した「開発生産販売一体化」システムで業務を大幅改善いたします。