仕入れの過不足をなくしたい

食品製造現場で、こんなトラブルはありませんか?

  • 原料・資材が必要なときに
    限って欠品している
  • 出荷と入荷が別管理のため
    残が把握できていない
  • 部門毎に独自に資材発注しており
    在庫に過不足が出る

食品の仕入れに関するお悩みは、京翔の食品システムが解決いたします!

  • すべての原料・資材を数量化し
    適切な在庫管理
  • 出荷データと入荷データの連動で
    綿密な生産計画の調整
  • 資材発注を一元管理で
    ムダのない生産管理を実現

すべての原料・資材を数量化し適切な在庫管理

マスター情報に基づいて適正在庫数を算出。受払(入庫・出庫)を逐一登録し、在庫台帳を正確に維持することで在庫の適正化を図ります。
また、適正在庫割れをタイムリーに把握し、賞味期限・消費期限といった情報も容易に確認が可能です。
手作業に頼っていた在庫確認をシステム化することで、ロスの少ない在庫管理を実現します。

出荷データと入荷データの連動で綿密な生産計画の調整

出荷データと製品在庫をデータ連動させることで、生産計画の調整を柔軟かつ迅速に行えるようになります。
当日受注に伴う追加製造指示(飛び込み)受注の対応段取りもスムーズに。
また、生産の状況がリアルタイムに誰にでも、先まで目で見て把握できるようになるため、計画立案の精度がアップします。

資材発注を一元管理でムダのない生産管理を実現

レシピ情報をシステムで一元管理し、部門ごとの資材・原材料コードを統一することで生産計画と連動した購買計画を実現。
不良在庫や不測の欠品を防ぎ、コストを最小限に抑えた製造管理が可能となります。
また、台帳への転記や伝票の再入力など、人手に頼っていた業務を自動化・効率化いたします。