在庫管理が煩雑でロスやミスが多い

食品製造現場で、こんなトラブルはありませんか?

  • 賞味期限切れで
    廃棄してしまう製品が多い
  • 資材倉庫が物置化していて
    現品が見つからない
  • 在庫確認のたびに現場まで
    足を運ぶのが煩わしい

食品の在庫管理に関するお悩みは、京翔の食品システムが解決いたします!

  • 受注量・製造量を踏まえた
    的確な在庫管理
  • 在庫把握をIT化させ
    情報とモノを完全に紐付け
  • 必要な製品の在庫情報を
    出力して従業員間で共有

受注量・製造量を踏まえた的確な在庫管理

手配入力・仕入実績・製造コスト・製造実績などといった各種情報をデータで連携させます。
標準コスト計算で予定コストを把握、製造日報登録で製造実績の把握と蓄積を行うことで、予実の管理を行い、ロスのない製造計画を立案します。

在庫把握をIT化させ、情報とモノを完全に紐付け

在庫をデータベース上で一元IT管理することで、情報とモノを完全に一致させます。
倉庫在庫の実調支援を行うとともに、円滑な棚卸評価をサポート。
また、より容易かつ確実なロットトレースを実現することで、トレーサビリティを明確にいたします。

必要な製品の在庫情報を出力して従業員間で共有

在庫情報をデータで一元管理することで、必要な原材料・資材の在庫状況をひと目で確認できます。
Excel文書としての出力も可能ですので、システム担当の方以外との情報共有も容易です。
出入庫状況はリアルタイムに反映されますので、在庫確認をその都度目視で行うといった、煩わしい作業から解放されます。