勘頼りで生産計画が立てられない

食品製造現場で、こんなトラブルはありませんか?

  • 無計画に製造してしまい
    廃棄に悩まされている
  • 原料・資材が必要なときに
    限って欠品している
  • レシピの管理がいい加減なので
    品質・工程がバラバラ

食品の生産計画に関するお悩みは、京翔の食品システムが解決いたします!

  • 売上目標や受注量に合わせた
    ロスのない製造計画
  • すべての原料・資材を数量化し
    ムダのない在庫管理
  • レシピをシステムで徹底管理!
    安定した製品供給を実現

売上目標や受注量に合わせたロスのない製造計画

手配入力・仕入実績・製造コスト・製造実績などといった各種情報をデータで連携させます。
標準コスト計算で予定コストを把握、製造日報登録で製造実績の把握と蓄積を行うことで、予実の管理を行い、ロスのない製造計画を立案します。

すべての原料・資材を数量化しムダのない在庫管理

マスター情報に基づいて適正在庫数を算出。受払(入庫・出庫)を逐一登録し、在庫台帳を正確に維持することで在庫の適正化を図ります。
また、適正在庫割れをタイムリーに把握し、賞味期限・消費期限といった情報も容易に確認が可能です。
手作業に頼っていた在庫確認をシステム化することで、ロスの少ない在庫管理を実現します。

レシピをシステムで徹底管理! 安定した製品供給を実現

生産計画の作成においては、製品や中間品で生産予定を登録でき、マスタ情報を利用して原材料や資材の必要数が自動で計算されます。
計算結果に基づいて出入庫管理がなされ、リアルタイムに現場の在庫状況に反映されるため、不測の在庫切れなどを防ぎ、緊急発注にも柔軟に対応できます。