食品メーカーの方へ

食品製造現場にシステム導入を検討してみませんか?

食品工場向けの食品販売/在庫管理/製造システム構築をご提案。
レシピ管理や賞味期限、トレーサビリティ、品質保証、生産・在庫・出荷管理といった、食品製造・生産管理におけるあらゆる課題をITにより解決いたします。
システム面のみならず、業務を進める上で各部署が抱える問題点の洗い出しや、システム以外の部分での業務改善提案も併せて行ないますので、
人・情報・物の連携が取れた業務改善を図ることができます。

  • 在庫や受発注の管理が
    スムーズに!
  • レシピや製品規格を
    一元管理!
  • 売上実績・コスト管理を
    徹底化!

ご利用シーン

台帳作成

原料規格書や商品カルテは取引先ごとにフォーマットや必要な情報が異なるため、食品製造現場において大きな作業負担となっています。
当社の食品システムを利用することで、形式の異なる原料規格書や商品カルテも、一度簡単な登録作業を済ませてしまえば、あとは半自動的に入出力が可能になります。
商品カルテに記載する原材料などの情報はデータベースを参照して自動出力しますので、パソコンで転記する手間も省けます。
事務作業の負担を大きく減らすことで、商品開発スピードが加速するとともに、残業代などのコスト削減に繋がります。

製造日報入力

多くの食品製造現場では製造日報作成業務も大きな負担となっています。
自ら出来高や廃棄数を集計し、手書きで記載したうえでパソコンに転記といった作業では、労働時間がかさむばかりでなく、誤記入・転記漏れなどヒューマンエラーの原因となります。
食品の製造管理をIT化することで、リアルタイムに原材料の投入量や廃棄率・歩留り率を自動集計します。日々の日報はシステムによる集計結果を出力するだけで済みます。
業務の効率化で、従来出来高確認だけに留まっていた製造日報を、トレーサビリティや今後の生産計画に有効に役立てることができるようになります。

生産計画

経験と勘だけに頼った生産計画では、いざという時に原料・資材の在庫が欠品していたり、緊急発注のたびに段取りに時間を取られたりしてしまったりと、
製造効率において大きなロスになってしまいます。当社のシステムでは在庫・入庫・出庫データのみならず、現場での出来高や製造効率を踏まえて柔軟に生産計画を組むことが可能です。
製造数を確認するために現場で在庫を目視集計したり、製造指示の修正が入り乱れてしまうような心配はございません。
生産計画をIT化することで、製造現場のリソースをフル活用して、最大限の利益を生み出すことができるようになります。

レシピ管理

食品製造現場にシステムを導入することで、原材料に変更がある度に全てのレシピを一つ一つ手作業で修正したり、
カロリー・重量・原価などを一つ一つ計算したり、といった手間から解放されます。レシピ情報はツリー構造で管理されているので、たとえば多くの商品に関わる原材料の変更があっても
1箇所を変更すれば直ちに全ての商品に変更が適用されます。またリンクを辿って各種情報を参照することも可能ですので、関連書類を探すために無駄な時間を費やすことがありません。
製品の構成原材料のカロリー・重量・原価などはマスター登録情報に基いて積上計算されますので、レシピ管理のスピードアップが図れます。