食品システム導入事例

惣菜産業から食事産業への転換を目指して!

現行システムは、顧客の情報共有、需要予測、短納期要求に応えるためには機能不足で、非効率な手作業による事務作業が多いことから、早急な再構築が望まれていた

現場の課題

  • SCMへの対応
  • 低コスト体質への転換
  • 品質経営の強化
  • 開発期間の短縮

お客様が取り組んだソリューション

  • 開発・受注・生産計画・生産指示・購買外注・生産実績・原価管理・出荷・売掛・買掛・管理会計まで構築する。
  • 受注情報及び受注予測から所要量計算し、在庫引当及び都度発注品の手配が可能なこと。
  • 生産指示(材料引当、原材料加工、調理、パッケージング、ラベリング、ピッキング、出荷)がシームレスに実施できること。
  • 工程の見える化、負荷調整が容易なこと。
  • 品質管理機能(不具合履歴が見える)

システム導入の結果

EOS、EDI受注と連携

生産指示がシームレスに実現

HT活用でトレサビ実現